水を極めて

 

良質の水

和食の洗練された味覚づくりの基本となるものに水が取り上げられます。

油を基本とした西洋料理と異なった原点を持つ和食の風味やバランスの良さは、今や世界的な広がりを見せています。

このような和食の長所を培ってこれたのは、古来からの恵まれた環境にもたらされて来た良質の水にあります。

しかし、その恵まれた環境も今や様々な条件の悪化で良質の水を得ることが難しくなった現在、
藤田食品ではマイナスイオンを使った水の浄化・活性化をはかり、活性イオン水を生成し、
古来からの豆腐独特の風味づくりを完成させました。